山盛りゴシゴシネット!!

最近ニートになったよ

DeNAの某キュレーションサイトの真実。何も語らず逃げた内部の人間たち。

まだまだ暑い季節が続きますねー><

別アフィサイトで動画の埋め込み型サイトを運営しててもアクセス数は上がらない一方です。上がらないのに多更新(1時間に1本更新)なんで更新を半分に減らしました。どうなることやら・・・5か月目だからもうすぐSEO評価されるかな・・・?

 

まあ、そんな感じで基本的にPCに向かって作業することが多いんだけども昨年は在宅でお部屋に引きこもって作業してた。その前の仕事がゲームのテストプレイだったんですが、「あれ?PCさえあれば家でやれる仕事ってたくさんあるんじゃないか?」

と思って在宅でお仕事を探してみたらクラウドワークスにたどり着き、DeNAさんにふとしたきっかけで拾っていただいたのだー!

 

でも皆さん知ってるかもですけどDeNAのキュレーションサイトは昨年末に記事作成の方法で炎上してます!その事件が発生して僕が本部にチャットワークから追い出されるまでをお伝えします!覚えてる内に書いとかなきゃ!

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/gori0I9A9925_TP_V.jpg

応募→採用→お仕事の流れ

クラウドサイトとの出会い

前の職を辞めたいなーと思っている矢先に「クラウドワークス」と「ランサーズ」に出会う。これらはどちらもネット上で在宅ワーカーとクライアントを繋ぐことができるクラウドソーシングサイトというもの。各サイトにかなり膨大な量のお仕事が募集されていて単価も様々。とりあえず両サイトに登録した後にどんな仕事があるかを調べると、ブログの執筆(いわゆるライティング)がほとんど!

 

これはブロガーやキュレーションサイトが募集しているもので、ブログの記事を書いてくれる方を外注していることになります。ですが、ここは結構闇を感じる部分でして

 

「1記事単価1000円!美容に関するテーマのライティング業務」

と書いてあるとします。1記事で単価1000円は割と魅力的に感じますよね?ですが外注しているということはすでにブログ自体にそこそこ収益があるということです。たとえば月に30万コンスタントに収入があるブログが外注していたとします。単純に1日一記事投稿していたらその記事は「1万円」の価値があるということ。つまり「1記事単価1000円」って圧倒的にはした金なんですよ。簡単に言うと9割はクライアントの取り分になるわけですね。

 

ここみたいな雑記ブログではなく特価ブログだったら、外注で完璧に収益自動化!つまりほぼ不労所得状態なわけです。マジで歯車の一部にされてしまいます。俺はそんなのやりたくないな・・・ちなみに応募してもクライアントに選ばれないとお金すらもらえない可能性があります。応募数が多いとその可能性が高いんで正直ホントにおすすめしません。

 

まあそんな案件がうじゃうじゃある中でもキュレーションサイトの応募はかなり悪質で「初心者大歓迎!1記事○○円お支払いたします。慣れてくると1記事15分で完了できますので時給に換算すると1000円以上になります」とか平気で書いてあります。結局初心者とかは簡単な作業だと思って応募するんですが、初心者の方が15分で1000文字程度のブログ書くって結構無理ありますよ。余裕で1時間とか超えちゃいますよね。っていうか「弊社のシステム上で作業してもらいます」って言ってそのシステムがめちゃくちゃ重たくて15分じゃ書ききれねえんだよ!

 

そんな案件がある中、やはり前職のスキルを活かしてチェック系作業の案件をがいいなと思っていると「記事の誤字脱字チェックをお願いいたします!慣れてくると時給1200円になります!」という案件を見つけました。まんまと引っかかった俺はそこに応募することに。

 

採用後の作業内容の移り変わり

応募した後採用メールが数日後に届きました。そこではじめてクライアントがDeNAということを知る。在宅だけども初めて大手で作業することになったので半ばわくわくしてました。仕事内容はキュレーションサイトにすでに投稿してある記事の校正作業。正直めっちゃ楽勝な作業で、在宅だけど余裕で10万以上は稼げてました。

 

「なんだー在宅でお金稼ぐの余裕じゃーん」って思ってました。最初は。2ヶ月目に入っても作業してたんですが、校正対象の記事は当然ながら作業するにつれてどんどん無くなっていくわけです。てっきり対象記事は増えていくものだと思ってたんですが、増えなかったんです。


「長期でお願いします」と伝えられてたのに作業自体がなくなってしまったんですよ。今考えると運営のずさんさがそこにも出てるなと。生活できなくなるのは困るんで内部に「何かほかに作業はありませんか?」と連絡。すると、「8月より新体制に切り替わります。そこでうっちーちゃんにはディレクターになっていただきます。」とレスポンスをいただきました。

 

ディレクターとはライターさんが記事を作成する際に、指導や助言や管理をするお仕事。つまりライターさんをまとめる立場になるということに。なんだか話がうまくいきすぎてるなぁと思いつつも、そのままディレクターの仕事を引き受けるのだった・・・

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL301_nekutai0320140830131838_TP_V.jpg

キュレーションサイトの運営に携わることに

衝撃的な記事の作り方を知る

さてディレクターの仕事を始めたのですが、もともと前職で班長的なことは行ってきたから割と得意な分野ではありました。ディレクターをやる上で記事の作成方法は把握しなければならない為マニュアルを読むんですが、ここで初めて記事の詳細な作成方法を目にすることに。

 

まず、エクセルのリストにずらっとキーワードが並んでます。記事を作る際にメインになるキーワードですね。たとえば「お弁当 お手軽」など。そのキーワードをググります。

 

検索1位のサイトをパクリます←!?!?

 

そう、当時私が所属していたキュレーションサイトは記事をパクることを推奨しており、無断転載をもいとわないようなマニュアルの内容となっていました。詳しく説明すると、検索1位のサイトの構成をまるまる書き出すんです。例えばそのサイトの構成が

手軽に作れるおかず和食
手軽に作れるおかず洋食
おすすめの冷食

上記のようになってたら、その構成を丸パクリ!さらにその構成にこちらで新しい要素を付け足して

手軽に作れるおかず和食
手軽に作れるおかず洋食
手軽に作れるデザート←new!!
おすすめの冷食
おすすめの弁当箱(amazonへの商品リンク)←new!!

というふうにすれば、検索1位よりもコンテンツが多い良質なオリジナルコンテンツが出来上がり!というわけです。実際に書く部分はコピペだとGoogleに評価されないため、語尾を変えたり言い回しを変えたりします。

そう、まともじゃないんです!!さらにそのサイトに作り方の手順として画像が貼ってあったら堂々と無断転載します。そういうことを企業ぐるみでやってたんです。でも、ライターさんやディレクターは「DeNAほどの大企業だから法に則ってるんだろう。きっと何か許可を得てるんだろう。」と思って記事を書いてました。低賃金で。



でもね、やはりそんなやり方って長くは続かないですよ。 

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TAKI963_takibi_TP_V.jpg

炎上でキュレーションサイトの問題が浮き彫りに

事の発端は「WELQ」から

まあ元々記事の作り方に問題があるんで、パクられた側は苦情をいってたわけですよ。
そりゃそうです。自分が一生懸命写真までとって書いた記事がパクられてSEOも吸い取られるわけですからね。そんな中、当時DeNAが運営していた医療系キュレーションサイト「WELQ」は「死にたい」というワードでSEOトップに出る施策すら行っていた。さらに記事の内容は転職サイトの自己分析サービスのアフィリ広告へと繋げるものであった。

 

死にたいって思ってる奴からも搾取すんのかよ・・・

 

これらをSEOの専門家が「きわめてモラルが欠けている行動」としてTwitterで拡散。さらに有名ブロガーがWELQの問題点をまとめた記事を投稿。その中でも特徴的なのが
WELQの肩こりに関する記事」でしょう。WELQの肩こりに関するとある記事には「おばけや守護霊が関係していることもあります」と何の信憑性もない内容が書いてあるんです。医療系のメディアがですよ!?しかも超大手企業の!

 

この記事が投稿されたことでさらに炎上は加熱。その後、ブロガーでもある「おときた駿」東京都議会議員さんが都の福祉保健局健康安全部に上記の問題と市民に被る可能性がある危険性を相談。


キュレーションメディアに対してはノーマークだったらしく、彼らも絶句していたらしいです。おときたさんGJ。超GJ。さらに即日対応で運営管理者を来庁させることに。対応が早い!

これらの問題からキュレーションサイトは全ての記事の公開停止

これらの問題はほかのキュレーションサイトにも波及し、DeNAは「MERY」を除く全てのキュレーションサイトの記事を公開停止にしました。以上がDeNAのキュレーションサイト閉鎖までの経緯です。もうね、すごい。だって最低限端折ってこれだから。

 

でも個人的にはこれからがDeNAのクソッぷりが発揮されるところかな!

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TRTM1913_TP_V.jpg

運営陣と放っておかれたディレクターとライター

何が起きたか語らない運営陣

2016年12月1日、ついにほぼすべてのキュレーションメディアが閉鎖に。しかし僕が働いていたキュレーションメディアのチャットワーク(主にビジネスで使用される多人数チャットツール)では何が起きたかのアナウンスなどはさっぱり行われず

 

「今回の事件はご存じとは思いますが、すべては我々運営陣の責任です。ただ今復旧に向けて記事を再精査するために全記事を公開停止とさせていただいております」

 

的なことがいきなりアナウンスされました。一連の事件を知らなかった僕「・・・?」でした。何か起きたんだろうなと。いくら炎上したといっても知らない人は知らないわけです。とくにライターさんの中には主婦の方も少なからずいるわけで、Twitterでの炎上なんか知らない人もたくさんいるでしょう。


もちろんライターさんもポカーンですよ。運営陣の責任なら何が起きたかの説明もするべきでは。当然のごとく僕が担当持ってたライターさんからは「何が起きたんでしょう・・・?」とか「せっかく記事書き上げたのに・・・」の声が上がりまくってました。ライターさんには申し訳なくてしょうがなかったです。運営陣は基本的にすべてのチャットルームを見れるようになってるんですが、この時に限ってマジで誰も何もレスポンスを返しませんでした。正直あきれ果てましたよ。

 

渋々仕方なく、今回起きたことや公開停止となるまでのフローを僕が担当のライターさんへ説明しました。そうしたらもちろん「いつごろ再開となるか教えてください」と質問が来るわけです。もちろんこれで生計を立てていた方もいらっしゃいますからね。でもそれに対しても運営陣からの返答は無いので。


「すべての記事を精査するとなると膨大な時間がかかると思うので、恐らく夏までは厳しいんではないでしょうか」と答えたんですが、正直夏どころかこれもう立て直しできないんじゃないかと思ってました。

 

俺の担当さんがクビに

そこから数日後、俺の担当さん(ディレクターの指示をする上司)が急DeNAを辞めることになったとの連絡が入った。あまりに急すぎてびっくり。だっていままでそんな話1㍉も出てなかったんだもの。それってつまりクビってことでしょ・・・収入口なくなったから社員にお金払えないことは容易に想像できましたね。


とっても俺に良くしてくれてた担当さんだっただけに残念でした。そして「いよいよだな」っておもいました。まあこの時点で別の仕事探したり治験行ったりしてたんだけどね!


ついに他部署へ逃げた運営陣&追い出された俺

めでたく(?)現在勤めてる職場へと転職した俺。一応「復旧したらまたお仕事の依頼しますのでよろしくお願いいたします」とは言われてたんですが、流石に働かないと生活費がまずいんで復旧までの繋ぎで働く予定でした。

 

すると全体周知で一本のチャットが。内容は「まことに勝手ながらチャットワークも今月(3月)一杯で閉鎖となります。 復旧の目途がつかないため、皆様には迷惑をおかけします。」お、おう・・・まぁ想像してたことだ。というかチャットワークの月額も払えないほどなのか。まあ復旧しないのにチャットワークだけ残すのもおかしな話だもんな。


このまま自然と消えてみんなバラバラになっていくんだな・・・って感じました。それからさらに数日後。この日はチャットワーク閉鎖の日だったんですがホントに衝撃だった。また一本のチャットが入ってたんですが、運営陣幹部(ほぼトップに近い方)からでした

 

「私は他部署へ異動となりました!ここで働いていた思い出は忘れられません!皆さんもどうかお元気で!返信はいりませんよ^^

 

え・・・は?お前「いつか必ず戻ってきますんで!」とか言って復旧してたんじゃなかったんかい。というか復旧したら仕事の依頼するんじゃなかったんかい。嘘かい。結局何の説明もせず逃げる気なのか・・・というかここまで人間で悪くなれるのかと思いました。流石に待ってくれていたライターさんのことを考えると腹が立ちすぎたので「返信はいりませんよ^^」って書いてたけどチャットで返信

 

いや、それはどうでもいいです(本当に書いた)何故何も説明しなかったんでしょうか?運営の方には代わりに私がライターさん達に説明していたことを知っていたはずです。ライターさんたちはずっと待ってたんですよ?ホントに情けないです。あなた方とは今後一切関わりを持ちたくありません。返信はいりませんよ^^(これも本当に書いた)」

 

上記を返信してしばらくすると怒涛のチャットワークの通知ラッシュが。たしか13件はきてましたね。「こんな時はレスポンス早いんかい」とか思いながらチャットワークにログインしようとしたら

 

「IDもしくはパスワードが一致しません」

 

と出る。いやいやおかしい。いままでIDとPASSは記憶させてたからオートでログインできるはず。しかし何度トライしてもログインできない!!妙だなと思いログインできないときの対策でググってみたら

 

「ログインの権限がないかもしれません」

 

は!!!そういえば俺のアカウントはDeNAに権限を与えてもらってたのだった!!!つまり権限が無いということは俺のアカウントはDeNAにBANされたわけです。まさかチャットワーク閉鎖日に垢BANされるとは思いませんでしたよ。びっくりしすぎて怒りすら沸きませんでした。まあそんなこんなで今の職場でアフィリエイトやりながらのんびり転職考えてる男です。


健全なメディア配信を考えると、2度と復旧なぞ考えてほしくないですね。

皆さんもクラウドソーシングサイトでお仕事を選ぶ際は十分にお気をつけてください。
親知らずがぐいぐい痛むんでまた明日!