山盛りゴシゴシネット!!

最近ニートになったよ

ミニスーファミ買うよりも実機買ったほうがいい説。個人的おすすめソフトまとめ

先日まんだらけに行ったら「極上パロディウス(SFC)」を発見。「うぉー懐かしいなー」とか思いつつ値段を見るとなんと800円税抜!!ぱ、パロディウスが800円!?買わねば!とつい衝動買い。実機が現役で起動するんで普通にめちゃくちゃ楽しめました。

 

その数日後くらいに「ミニスーファミ発売!」の情報が入ってきて「お、ついにきたか!」と思ったんですが、よくよく考えると実機持ってるから要らないことに気付く。その前に出たミニファミコンはすっげー欲しい。

 

だってファミコンって中古で売ってるのなかなか見たことないしわざわざ実機買っても接続するのめっちゃ面倒。RFスイッチってのがあってだな・・・(気になる人は各自ググってくれ)んでもスーファミは最新の大型テレビでも簡単に接続可能。「これは・・・別に・・・」と思ってたら内蔵されるソフトをみて「あ、いらない」ってなっちゃった。その辺もまとめたった。

 

 

ミニスーファミの特徴

http://free-images.gatag.net/images/lb201202011600.jpg

HDMI接続

ミニスーファミHDMI接続でプレイすることが可能。いまではHDMI接続は普通となってるけども、スーファミそのものはS端子での接続でした。裏にぐりぐり刺すのが面倒なんだわ・・・。


だから高画質でのプレイができるのが特徴なんだけども、実はS端子HDMIに変換するコンバーター普通に数千円で購入できる。だからこれは実機持ってる人からしたらそこまでうま味があるわけではない。確かに最初は「お!」って思ったけどさ・・・

 

どこでもセーブ

ミニスーファミにはどこでもセーブ機能がついてる。えぇ・・・まじで・・・まあRPGにはどこでもセーブついてる作品とかあるけどもさ、アクションゲーにまで採用させちゃうとゲームバランスとか崩壊すると思う。

 

ドンキーとか途中の中間地点のタル壊さなくても良くなるってことでしょ!?セーブ地点の意味をなくすのはちょっとどうなの・・・

 

リプレイ機能

なんとリプレイ機能もついてる。どこでもセーブで中断したデータを数秒前からプレイすることが可能だそう。つまり、ミスった瞬間に中断すればミス前からやり直すことができる。な、なんと画期的な!まあやり直すのはあんまり好きではないけども、ゲーム好きだけど得意ではないユーザーにはおすすめ!

 

でもどうせならそのゲームの仕様でちゃんとクリアしてあげたいよね。

 

問題の内蔵ソフト

http://free-images.gatag.net/images/l201202011600.jpg

収録タイトル一覧

さてやっぱり気になるのは収録タイトル。ミニスーファミに収録されているソフトは下記の21タイトルね。

スーパーマリオワールド
F-ZERO
がんばれゴエモンゆき姫救出絵巻
超魔界村
ゼルダの伝説神々のトライフォース
・スーパーフォーメーションサッカー
魂斗羅スピリッツ
スーパーマリオカート
スターフォックス
聖剣伝説2
ロックマンX
ファイアーエムブレム紋章の謎
スーパーメトロイド
ファイナルファンタジーVI
スーパーストリートファイター2
スーパードンキーコング
ヨッシーアイランド
パネルでポン
スーパーマリオRPG
星のカービィスーパーデラックス
スターフォックス

 

確かに魅力的なタイトルが多い。魂斗羅スピリッツなんて手に入れるの結構困難だしスターフォックス2に至っては発売すらされてない。んでもいろいろと物足りない感じがすごい。っていうかドラクエ入れなくていいんか?FF6入ってるならスクエニ的にも大丈夫なんじゃないか?


ちなみに海外版は上記からゴエモン、サッカー、ファイアーエムブレムパネルでポン、SSF2が消えてスーパーパンチアウト悪魔城ドラキュラカービィボウルMOTHER2 ギーグの逆襲ストリートファイター2’ターボが収録される。

 

あ、あれ?海外版のほうが良くない?

 

がんばれゴエモンは「僕がダンサーになった理由」が良かった

www.youtube.com

まああれが良かったこれが良かったみたいな意見ってたくさんある。正直あげてったらきりがないんだけど「なぜこれ?」というものも含まれてる。その中の一つがゴエモンかな。ゆき姫救出絵巻はSFCゴエモンの1作目というのもあって確かに収録するのもわかる。

 

んでも1作目めちゃんこ難しいの!あんまりライトユーザー向けじゃない。ダメージ受けた後ってアクションゲームだと基本的に無敵時間ってのがあるよね。FCスーパーマリオブラザーズですらある。でもそれが無いの。だからシリーズ屈指の難易度を誇ってる。

 

だから4作目の「きらきら道中」入れればよかったんじゃないかな・・・まあストーリー的にわかんないのもあるかもしれないけど、ライトユーザーにもお勧めの難易度ではあるんだよね。

 

スーパードンキーコングは2が絶対に良い

www.youtube.com

スーパードンキーコングは絶対に2も入れたほうが良かった。断言できる。まあ1作目は確かに入れたほうが良い。SFCのドンキーシリーズって「ドンキーコング」は1作品にしか出てこないからねw特にラスボス戦の「キングクルールのふね」は是非BGMを聴いてほしい。っていうかBGMのためにラスボスまで到達してほしいくらいよホント。

 

だがSFCのドンキーシリーズは2が傑作SFCの中でもかなり上位に食い込むくらいの完成度な上に名曲がかなり多い。2からは肩車アクションなど多彩なアクション要素が追加された上に裏ステージも追加されたのでかなりやりごたえある作品なのよ。
収録されなかったのが惜しまれる作品の一つだ・・・


個人的おすすめソフト

ぷよぷよ

www.youtube.com

そんなわけでいろいろと物言いが多いミニスーファミ。そんなミニスーファミには収録されてない名作が大量にあるのだー!実機の購入を検討している人は是非とも参考にしてくださいな。まず1つは「ぷよぷよ通」言わずと知れたぷよぷよシリーズのSFC2作目。

 

今は亡きコンパイルの代表作です。倒産しちゃったから収録されなかったのはまあしょうがない。色のついたぷよを同色で並べると繋がって、4つ繋げると消えるというシステムのパズルゲー。特に特徴的なのが連鎖と相殺ですね。連鎖はぷよを消した際に積んでいたぷよが落下してきて4つ以上つながると消えるというもの。そしてその連鎖のシステムをさらに熱くするのが相殺システム。連鎖すると相手フィールドにおじゃまぷよ(繋げても消えないぷよ)が落下するんだけど、同じタイミングで自分も連鎖するとそのおじゃまぷよを相殺することができるというもの。

 

友人同士でプレイするとこの連鎖プレイが楽しくて何度も対戦してたのを思い出すなあ・・・尚片方が強すぎるとリアルスト2に発展するから注意。せっかくコントローラーも2つついてるんだから収録してほしいタイトルでもあったけどもさすがにしょうがないか><

 

スーパーボンバーマン5

www.youtube.com

次は「スーパーボンバーマン5」もはや説明不要のゲームですよね!1画面のステージで爆弾を駆使しつつアイテムを取りながら対戦するゲームっすね!特に5はルーイという特殊能力を持つ動物の復活や、やられても画面外から爆弾を投下できるみそボンが追加されるなど、さらにプレイに幅ができてより楽しく、より盛り上がるゲームになりました。

 

ボンバーマン桃鉄でも有名なハドソンが開発したんですが、実はハドソンも今はなくなってます。一時期コナミの子会社だったんですが、いまやハドソンブランドはすべて消滅。おそらくその辺が理由で入れられなかったのもあるんでしょうが、ボンバーマンの特徴はマルチタップを使用しての大人数でのプレイですから、2プレイまでのミニスーファミには合わなかったのもあるんでしょうね。

 

 縦シュー、横シュー

www.youtube.com

マジで納得いかない。なんなの…ねぇ。なんでSTG1個も入ってないの。ミニファミコンにはグラディウス入ってたじゃん!アクション、スポーツ、パズル、対戦格闘、RPGは入れたのにSTGが無いなんて…

 

そう、意外と名作が少ないと思われがちなSFCSTG。んでもそんなことなくてむしろ中古でもめちゃくちゃ高額で売ってあることが多い。SFCは横シューだとパロディウスが有名っすね!他にもR-TYPEⅢやエリア88など非常に完成度が高い作品が揃ってます。縦シューだとpop'nツインビーもありますしね!意外と名作ぞろいですんで漁ってみると良作に出会えるかもしれません!

 

フロントミッションガンハザード

www.youtube.com

スクエアソフトが開発したメカシミュレーションゲームフロントミッションの横スクロールアクション。機体の強化や購入、2人プレイもできる良作。何よりグラフィックの解像度や完成度が尋常じゃないです。SFCのレベル超えてます。最初見たときPSのゲームかと思った。ストーリーもしっかりしていてやりごたえばっちり。
BGMもかっこいいですよ!

 

LIVE A LIVE

www.youtube.com

SFCRPGのなかでもかなりの名作。この作品のフローは複数の主人公から1人を選び、その主人公のルートをプレイし、そのルートのボスをクリアすると次の主人公を選択するという流れになる。

 

なお、各ストーリーによってゲーム性がかなり違うのも特徴。功夫編では弟子に誰を選ぶかでその後のストーリーにも影響を及ぼしたりしますし、バトルがボス戦以外一切発生しないストーリーもあって飽きがきません。ストーリーも特徴的で、熱い台詞が特に人気です。難易度もそれほど高くないのでRPG初心者でも意外と簡単にクリアできるかもしれません。

 

餓狼伝説Special

www.youtube.com

通称ガロスぺ。餓狼伝説Specialの移植版です。移植度はそれほど高くないけども、ゲームバランスと楽しさはスト2に引けを取らない完成度です。手前と奥での2ラインバトルを採用しているのも餓狼の特徴。超必殺技など派手な演出も当時の格闘ゲームでは斬新なものでした。

 

サムライスピリッツ

www.youtube.com

通称サムスピサムライスピリッツSNK対戦格闘ゲームで、刀を使用して対決するゲームです。ですがダメージのバランスにバグがあり、一発のダメージ量が尋常じゃないのが特徴。それが逆に「刀のリアルなダメージ」としてウケて大ヒット作になりました。ちなみにラスボスの天草四郎時貞がめっちゃうるさい

 

ロマンシングサガシリーズ

www.youtube.com

なんで入れなかった?言わずと知れたスクエアの名作。複数の主人公から1人を選び仲間を集めながらボスを目指すRPG。ですが、特徴はなんといってもフリーイベントシステム。強制的に発生するイベントがほとんどなく、その自由度の高さが人気を呼んでいる作品。未だに根強い人気があり、現在稼働中ブラウザゲーの「インペリアルサガ」にもキャラクターが多数登場するほど。

 

ちなみにロマサガ1で殺したガラハドインペリアルサガで幽霊になって出てくる(しかもハゲて)。その上逆に殺されそうになる。

 

愛すべきクソゲー

摩訶摩訶

www.youtube.com

やっぱり名作はクソゲーがあるからこそ引き立つもの。むしろ思い出に残ってるのはクソゲーばかりな気がする・・・ミニファミコンには確実に入らないクソゲーを少し紹介。摩訶摩訶クソゲー界隈では有名なRPGです。頭身が大きめの魅力的なキャラクターの戦闘シーンが特徴・・・ではなく異常なまでのバグの多さが特徴


さらにキャラデザも変。敵になんか妙にデカい和田アキ子の顔みたいなのがいる。でもそんな世界観や真の抜けたBGMのせいでカルト的な人気があるこの作品。意外と好きになる人は多いのかもしれない。おれは好きじゃないけど。

 

ジーコサッカー

www.youtube.com

もう名前の時点でクソゲー感がすごい。ジーコ監修というこのゲーム、普通のサッカーゲームならばキャラクターを操作して、スピード感のある試合を繰り広げる・・・のだが、このゲームはもちろん違う。選手は直接操作せず、フィールド上のカーソルを動かして任意の選手を誘導する

 

まあ当然疾走感など皆無。ジーコサッカーっていう名前もいよいよ怪しい。名前を借りて釣ろうとしたのでは…ちなみにこのゲームは「SM調教師瞳」がジーコサッカーに変装している可能性がある。詳しくは「SM調教師瞳」でググッてくれ。

 

結論:語り尽くせない

正直あげるとキリがない。名作が多すぎるんや!ロックマンXだって2作目と3作目やってほしいしFFだって4を是非プレイして欲しい。ミニスーファミ買って、「これもやってみたい!」って方は是非実機の購入をおすすめするよ!中古で数千円で買えるほどコスパいいからね!

 

超兄貴」はやらなくていいです。