山盛りゴシゴシネット!!

最近ニートになったよ

有名なのもいいけどたまにはコアなのも!オススメの「ややマイナー」アーティスト10選!

着々と秋も深まってきて寒くなる一方ですなぁ。朝起きるのもつらく、冷える体をコーヒーで温めるのもまた一興というものです。ごめんなんかサザエさんの次週予告みたいになった。

 

昨日の記事でかなり愚痴を吐きまくったんで気持ちもかなりクリーンになってすっきり。淀んだものはもう俺の中にはない!5000兆円欲しい!でもほんとに昨日の記事みたいな愚痴ってなかなか口では発せられないから文字に起こして発信するのってとてもストレス解消になるね!

 

さて、基本的にストレス解消にはもちろん音楽を聴いてるんだけど、あまり世間一般的に知られているようなのはあんまり聴かない。メジャーデビューしてるバンドでもそんなに有名じゃないアーティストとかかなりいるしね!

 

てなわけで俺が普段よく聴いてる「割と有名だけど一般にとってはマニアック」なアーティストを紹介するぜ!前に紹介したバンドももう一度紹介するね!

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/chitoseIMGL1855_TP_V.jpg

メジャーレーベル

ポルカドットスティングレイ
 

ポルカドットスティングレイは福岡発祥のバンド。先日メジャーデビューを果たした。
バンド界隈ではめちゃんこ有名だけど一般の知名度はまだまだだと思うんで紹介するよ!音楽性はメロディー重視の歌もので、歌謡チックな曲調に現代のダンスロック的なものを取り入れた若い人には受けそうなもの。椎名林檎が好きな人は好きになりそう!

 

ただ万人受けするだけに「このバンドめっちゃ好き!」ってより「まあ好きかなー」程度のファンが多かったりする。誰かの1番のバンドにはなかなかなりづらい気がする・・・


石鹸屋
 

2005年に結成して2010年にメジャーデビューしたバンド。俺が大好きなバンドの1つだ。もともとは「東方project」っていうPCゲームのBGMをロックアレンジして活動してたんだけども、同人活動も続けつつオリジナルでのバンド活動も行うという、
ファンとの距離が非常に近いバンドとして人気。

 

洋楽チックな激しく、かつコール&レスポンスに重点を置いた構成の曲調が特徴。その構成から、ライブは毎回かなり盛り上がる上に毎回ボーカルの顔が違うから飽きが来ない。

 

 

まじで全然違う。

 

数年前にボーカルとベースが脱退してリードギターの秀三とドラムのヘルニアンだけになったが、今はサポートギターとサポートベースが加入して活動を再開している。ちなみに後述するヒトリエのベース、「イガラシ」がかつて加入していた。とあるアルバムのおまけトラックではイガラシがボンバーマンではしゃぐ音声を聴くことができる。

 

ヒトリエ
 

ヒトリエは2014年にメジャーデビューしたロックバンド。ボカロ好きならわかると思うけども、ボーカルおよび楽曲制作は「ローリンガール」や「裏表ラバース」で有名なwowakaが担当している。曲調もボカロの時同様、早めのテンポに早口の歌詞を多用した、かなりガチャガチャしたwowakaおなじみの曲調になっている。ドラムの手数もかなりのもので、ボカロ好きなら好きになるのではないかなーと思うんだけども・・・。

 

逆にヒトリエではなくwowakaファンからしたら「これボカロでいいじゃん」と思っちゃうかもしれないね・・・。でもまあここではそんなの一般の人はわかんないから、全体的に手数が多い曲調が好きな人にはおすすめよ。

 

どうでもいいがイガラシとは数回喋ったことある。


パスピエ
 

ヒトリエの後にややこしいがパスピエは2009年に結成、昨年メジャーデビューしたポップロックバンド。MVではお面を着けていたり顔にだけ影が入っていたりと、基本的に素顔を見せないスタイルで活動をしていたがメジャーデビューとともに素顔を公開。普通に美人さんだった。

 

その曲調はテクノポップを主体としていて、ダンスポップ系やテクノバラードをうまくバンドサウンドで表現している。ゴリゴリのバンドサウンドしか知らない方には是非聴いてほしいバンドの一つ。近頃はアニメソングも歌っていたんで、割と知ってる人もいるかも。

 

でも「パスピエ知ってるよ!」っていうとバンドマンからは「お!パスピエ知ってるんだ!」と思われるし、パンピからしたら「なんかおしゃれなバンド知ってるね!」と割と受けがいいかもしれない。


・・・たぶん。たぶんな!


ヤバいTシャツ屋さん
 

最近よくメディア露出してるヤバいTシャツ屋さん。通称ヤバTね。ヤバTは3ピースの昨年メジャーデビューしたメロコアバンド。メロコア・・・とは銘打ってるものの普通にパンクロックのような気もする。

 

曲の内容は「猫飼いたい」とか「パリピ」とか、基本的にコミックな感じの曲が多く、その中毒性からカルト的な人気のバンドだったが知名度が高くなりすぎて普通に人気バンドになった。とにかくライブで笑って盛り上がりたい人にはお勧めのバンド。もしフェスとかで見かけたらぜひライブをみてってほしい。

 

ちなみに去年、打首獄門同好会とのツーマンライブを観に行ったんだけど、帰りにハコの階段でボーカルのこやまたくやくんを見かけたから「お疲れ様ですー」って声かけたら「・・・あ、ウィッス」って感じで超人見知り感大爆発だったよ。

 

あんなコミックな感じの曲やってても普段は人見知りなんだなぁと感じたけどまあ見ず知らずの人に話しかけられたらそりゃそうなるか。

 

インディーズレーベル

バックドロップシンデレラ

先日も紹介したバックドロップシンデレラは自主レーベル「NaturalAfroRecord」で活動しているインディーズバンド。天然アフロ・・・?

 

ウンザウンザっていう民族とラウド系ロックを融合させたような独自のジャンルを確立している、4ピースバンド。前回も紹介したけど、フェスに出たいがために「フェスだして」って曲をだしたり、フェスに出れたからって「フェスでれた」って曲を出したりしてかなりやりたい放題なバンドだけども中には「さらば青春のパンク」や「月あかりウンザウンザを踊る」などの涙を誘うような良曲もある。

 

www.youtube.com

最近では「太陽とウンザウンザを踊る」っていうクソかっけぇ曲つくってきたからはまった方はこちらもチェックですよ!


アシュラシンドローム
 

アシュラシンドロームは北海道で結成した4ピースバンド。何かと打首獄門同好会にいじられていてボーカルの青木君がただの面白い人と化しているが、バンドとしての完成度はかなりのもの。

 

バンド名からおどろおどろしさを感じるが、曲は歌ものロックという感じで、青木君のボーカルが聴きやすくだれにでもお勧めできる曲調をしている。また青木くんの実の父親は「青ばん」という、青唐辛子の加工食品を生み出しており、バンドの物販に並ぶほどに人気。さらに青ばんの曲まで作ってただの面白バンドみたいになっちゃってる。

 

青ばんは食べたことないけど曲はかっこいいからぜひきいてみてね!


ビレッジマンズストア
 

ビレッジマンズストアは5ピースのガレージ、ロックンロールバンド。今時では珍しいジャンルだけども、現在の人気を得ているのは今までコツコツ同じジャンルでやってきたからというまさに継続は力なりという感じのバンド。

 

ガレージ系ながらとても聞きやすく、5ピースという人数でも音が潰れずにしっかり抜けていて、バンドとしての実力もしっかり持っている。アルバムもまだ3枚しか出してないので、大人買いして一気に聴くこともできるぞ!

 

ちなみにボーカルの水野ギイはライブでは熱いけどよく自分のコラ画像ツイッターにアップする面白いお兄さんだよ。


シュレディンガーの嘘
 

シュレディンガーの嘘は鹿児島の4ピースロックンロールバンド。社会人ながら個人レーベルでCDを全国流通させているスーパーマンのようなバンドっす。RO JACKで音源を聴いて「かっけえ!」って思ったらその数ヶ月後に対バンすることになった、とても縁のあるお友達バンド。仲良くさせてもらってます。

 

ボーカルのカナリア姉さんはコルセットとランジェリーというめっちゃエロい格好でステージに上がるっす。めっちゃ見る。パンツめっちゃ見る。本人曰く「出してるものは見ていいのよ」とのこと。ありがてぇ・・・ありがてぇ・・・

 

曲の完成度や楽器隊の実力もかなりのもので、一度ライブ見ただけで世界観に引き込まれました。このジャンルで女性ボーカルはかなりレアなんで是非とも聴いて見てくださいな!

 

その他

飯田舞
 

飯田舞さんは主に湘南で活動されている、シンガーソングライター。USPというインディーズレーベルに所属しており、「絶体絶命都市」シリーズの主題歌や、明日発売の「巨影都市」の主題歌を歌っている。

 

透き通るような歌声でピアノバラードを歌っていて、正直曲聞いただけでマジ泣きした。絶体絶命都市3」のPVで主題歌の「キミの隣で・・・」が流れるんだけど、気づいたらポチってた。

 

あまりバラード系の曲は聞かないんだけど、この人のバラードだけはすごく感動した・・・ゆったりとした曲調が好きな方は一度聞いて見てくださいな!

 

みんなも探ってみよう

意外とインディーズバンドって探すとたくさんいて、youtubeとかで探ってみると意外と掘り出し物が見つかることもある。というか大体好きなバンドってそんな感じで見つけることがほとんどで、関連動画をどんどん掘っていくと再生数は少ないけどとても好みのバンドがうじゃうじゃ出てきて面白い!

 

有名アーティストの曲を聴くのもいいけど、何か物足りない人はyoutubeで掘り下げて探してみよう!素晴らしいアーティストに出会えるかもしれないよ!

 

なぜかこの記事上裸で書いたから寒い寒い