山盛りゴシゴシネット!!

最近ニートになったよ

みんな滑らない話持ってる?俺の友人「ノブ」くんの滑らないエピソード集。

今日はお外は雨。がっつり雨。うぬぬ、今日は散歩でもしようかと思っとったのにのう・・・。ただのじじい。こんな時はネットサーフィンするに限るー・・・。そういえば先週の今頃も雨でしたけども、選挙あってたっすよね!俺は用事があって当日に行けなかったんで期日前投票したんすけども、その日も雨だった・・・。

 

んで、選挙で思い出したのが、俺がまだ地元の長崎にいた頃に政権放送が朝から流れてたんだけども、その中に1人ぶっ飛んだクレイジーじじいがなんか歌ってた。その名も「松下みつゆき」とりあえず動画を見て欲しい。

 

 

www.nicovideo.jp

www.youtube.com

神曲わん!わん!わん!マジでびっくりした。この時期俺は浪人生で前期試験を控えていてマジでこれ観るだけでIQがみるみる下がっていく感覚を味わった。恐ろしい放送だ・・・。タグにプログレとか付けられてて笑う。

 

まあこんなクレージーナイトセックス野郎の出身は佐世保なんだけども、俺は長崎市内出身だったから安心した・・・。でも佐世保出身の友人にクレイジーな奴が1人いる。ノブっていう名前なんだけどもそいつの数々のクレイジーエピソードがぶっ飛んでたんでちょっと書きたくなってきた。書かせて。書かせろ!!わん!わん!わん!

 

 

 

幼少期編

滑る床

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MIYADSC_3332_TP_V.jpg

別にネタ切れとかそういうのじゃないのよ?っていうかもっと色々書きたいことは山のようにあるんだけども、なんかこいつのこと先に消化させておきたくなった。みんな興味なくても俺は書くからな!

 

まずはジャブ。ノブは幼少期によく兄ちゃんといたずらみたいなことして遊んでたらしい。っていうかいたずら自体は学生の時にもやってた。んで、その中でもくだらねえなーと思ったのが滑る床。自宅の玄関のフローリングに殺虫剤だかなんだかのスプレーを吹きかけて、兄と滑って遊んでたらしい。ある程度遊んだ後、なぜかその床を掃除せずにうっかり放置したらしい。うっかり放置することあるか・・・?

 

数時間後、夜になると父親が帰宅。もうオチが見えてるが父親がその滑る床を踏んで勢いよく転倒。リビングまでそのまま滑り込んできたらしい(多分この辺は盛ってる)

 

「え!?何今の!?!?床めちゃくちゃ滑るんだけど!!」って慌てて親父がノブに伝えると、ノブはその床を触りながら「うわ!ほんとだ何これ!?すげぇ!」としらを切り始めて兄貴に罪をなすりつけたらしい。クズのそれである。

 

さかな

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Maldives-P8280105_TP_V.jpg

ノブが小学生の時に友人と遊んでた時のエピソード。友人の家の近くに、妙に首が長いおっさんが住んでいたらしい。そのせいかそのおっさんのことを勝手にサイコショッカーとあだ名で呼んでた。

 

https://www.ka-nabell.com/img/card/card100017777_1.jpg

画像出典:人造人間-サイコ・ショッカー(ウルトラパラレル仕様)(パラレルレア) | 遊戯王買取ならカーナベル

ちなみにサイコショッカー遊戯王カードのモンスターの1つで「人造人間サイコショッカー」のこと。確かに首が長い。っていうか血管ビキビキしてんぞ・・・小学生のあだ名のセンスってすごいよな。

 

友人と複数人でそのおっさんのこと「サイコショッカーだーwwww」とバカにして呼び続けてたら、ある日異変が。いつものように友人の家で遊んでいたノブが家に帰ろうとした際に、ノブの自転車のカゴにだけ大量の生魚(しかも沖で釣れるような奴)が詰められていたらしい。「え!?何これくっさ!」つって周りを見渡すと物陰でニヤニヤ笑っているサイコショッカーの姿が確実にこいつが犯人。

 

しかし変なあだ名つけて呼んでたノブに非があるからな・・・悪いことはやっちゃダメってことだ。

 

 

教習所編

不意打ちクラッチ

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/pcarIMGL4600_TP_V.jpg

さてそんなノブもある程度歳を重ねると教習所へ自動車免許を取りに行くように。いたずら心も鳴りを潜めるが、確実に心の底に潜んではいた。そんな中、初回で半クラッチについての講習を受けていたノブ。助手席で教官が色々と説明している中、なぜかノブはクラッチ踏むの辛い・・・」と思っていた。

 

こっそりクラッチ踏んでる脚の力をゆっくり緩めると何も起きなかったから「お!これ足離してもいけるぞ!」と思ったらしく、「ぃよっ!」という感じでクラッチから足を離すノブ。もちろん即座にエンストしたんだが、助手席の教官はペンで書類に何か書きながら話してて完璧に油断してたらしく、エンストした衝撃で見事にむち打ちに。さらにペンも吹っ飛んだらしい。

 

翌日教習所行くとその教官は首にサポーター巻いていたとか。

 

 

「踏んで」

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK160327390I9A9063_TP_V.jpg

個人的にノブのエピソードの中でベスト。急ブレーキの講習とか教習所で受けたよね。その時の話で、さすがにクラッチをしっかり踏めるようになって基本的な運転技術を学んだノブは急ブレーキの講習を受けることに。

 

「はい、踏んでー」と教官がアクセルを踏むよう指示して、ノブもアクセルを踏む。この時のスピードって体感だと結構出てる感じあるよね!ある程度速度が上がると、教官はまた「踏んで!」とブレーキを踏むよう指示。

 

しかしノブはそれさえもアクセルを踏む指示と解釈して、さらにアクセルを踏むという暴挙に出た。「!?!?踏んで!!踏んでーーーー!!!」慌てる教官。しかし、それもアクセルを踏めと言っているよう解釈してしまうノブ。いやバカだろ。

 

結局教官がブレーキ踏んで車を止めたらしいけど、なぜかその瞬間にハンドルを切ってしまって無駄にドリフトしたみたいな動きになったらしい。この話聞いた時腹筋が家出するかと思うくらい笑った。

大学編

ドンキーのBGM

https://image.middle-edge.jp/medium/b525f61f-d0df-458b-b9a0-26ef68e4e488.jpg?1468767555

画像出典:スーパーファミコンの本気グラフィック!「スーパードンキーコング」を遊び尽くす! - Middle Edge(ミドルエッジ)

そんなノブくんも晴れて大学生に。ちなみにノブくんは福岡の有名な調理師学校に通ってて、そのあと実家に帰って家業を継ぐ予定だったのに何故か大学に進学するというトリッキーな行動をキメてた。2年で退学する予定で大学に入ってバンドやってそのまま佐世保に帰ってった。大学側も困惑。

 

そんなノブと俺は↓の記事でも書いている通り、スーパードンキーコングのBGMがすごく好きで、部屋に遊びに来た時は必ずと言っていいほど流していた。

www.yamamori-goshigoshi.net

 

だからいろんな友人にドンキーのBGMを勧めてたんだけど、ある日ノブが友人を自宅に呼んでロフトに泊めた際に事件が起きた。朝になるとその友人はノブを起こさないようにこっそりロフトを降りて自宅に帰ったんだけども、ノブは起床した後も当然その友人がロフトにいると思って、誰もいないロフトに向かって話しかけるという珍事が発生した。

 

「おーい、早くおきろよー。お前授業あんだろー」とか最初こそ真面目に起こしてたけども、時間が経つとyoutubeでドンキーのBGMを流しながら「おーい!この曲、ドンキーのどのステージの曲でしょうかー?」とかクイズを出したり「こことか雪降ってる感じが表現できてるよねー!」とかロフトに向かって話しかけてたらしい。誰もいないのに。

 

異変を感じたノブはロフトに登り、誰もいないのを確認すると真顔でブラウザを閉じたという・・・。

 

 

宗教団体

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK88_inoruookawasan_TP_V.jpg

ちなみにさっきの泊まっていった友人もかなりのクレイジーさで、自宅に宗教の勧誘のおばちゃんが訪問すると、「あ、僕そういうのわかんないんですけど、向かいの家のやつ(ノブ)ならそういうのかなり興味ありますよ」と穏便にことを済ませない性格だった。

 

もちろん宗教団体は何も知らないノブの部屋に行き、「あそこの学生さんがあなたが興味あるといってたので」という決まり文句を吐いて宗教に勧誘。ノブは全てを悟り「あ、ああそうっすね!めちゃくちゃ興味ありますよ!!」とか謎の嘘をついて勧誘の話を聞くしかないのだった。なんか手を合わせてお祈りさせられたらしい・・・

 

ちなみにこの1連の流れは3回ほど行われた。

 

職場編

ステーキ

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/1507113295180105_TP_V.jpg

そんなノブは予定通り大学を中退して家業を継ぐことに。ノブの実家は飲食店を営んでて、割とメニュー豊富なお店で働いている。アルバイトの娘も働いてて、ノブがしっかりサポートして教えてあげているそうなんだけど、ステーキみたいに鉄板を使うメニューが出ると女の子だと重たくて持っていくのが大変なんだとか。

 

だからそんな時はノブが手伝ったりするらしいけど、たまたまその時は忙しくて手伝うことができずにアルバイトの女の子が1人で複数枚まとめて持っていったらしい。なんとか重たい鉄板を持ってお客さんのテーブルまで持っていくと、そのタイミングでさらにお客さんが追加でメニューを注文してきたそうだ。

 

アルバイトの女の子は重たいのを我慢してたけど腕が限界で、もうダメだー!つってステーキをなんと店内のディスプレイとして置いてある鉢植えの中にシュートしてしまった。

 

お客さんも「あららー!」とか言ってたって・・・あららーじゃないよ・・・。せめて鉄板置かせてあげてよ・・・。

 

 

何か食べたいじいさん

http://naporitanpancho.com/wp/wp/wp-content/uploads/2015/06/th_003-_mini.jpg

画像出典:ナポリタン | 【公式】スパゲッティーのパンチョ | ナポリタン専門店として『改めてナポリタンはうまいと言わせたい』

最後はお店に来たおじいちゃんの話。そこまで忙しくない時間帯におじいちゃんが1人で来店したらしい。注文を聞きにいくと、「ちょっとあんまり重たいとは食べとうなか」とか言ってきたとか。困ったノブはとりあえずどんどんメニューを言っていく作戦に出た

 

ノブ「じゃあカレーとかどうですか?」

爺「カレーはまだ重たかー!」

ノブ「じゃあ・・・サンドイッチとかはどうですか?」

爺「サンドイッチじゃ足りん」

ノブ「じゃあー・・・デザートとかありますよ!うちはシュークリームが人気で」

爺「昼飯食べにきたけんねー!デザートはいらん!」

ノブ「あ、じゃあパスタとかありますよ!このページに!」

爺「そうね!ちょうどよか!(ナポリタンを指差して)このナポンば1つ!

 

ノブはこの「ナポン」という響きが妙にツボだったらしく、厨房に入って膝から崩れ落ちて爆笑したらしい。いや、うんまあそれだけの話なんだけどさ。

 

 

みんなも身近にあるはず・・・

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/0I9A5633ISUMI_TP_V.jpg

てな訳でそういうぶっ飛んだ奴が身近にいたっていう話なんだけど、そいつに「よくそんな経験できるな」って話したら「みんなも気づいてないだけで絶対経験してるから!」とかいう謎の主張を出してきた。

 

クラッチ離して教官の首悪くさせるレベルのエピソードとかねぇよ。