山盛りゴシゴシネット!!

最近ニートになったよ

長崎に住んでいた俺が全力で長崎の"ディープな"魅力をお伝えする

んちゃ!先日の「Googleマップで自撮り」っていうなんとも馬鹿馬鹿しいネタを投稿したんすけども、なんとそれがデイリーポータルZさんに掲載されちゃいました。なんてこと!いえーい!みんな見てるー?

www.yamamori-goshigoshi.net

 

ありがてぇありがてぇ・・・普通にテンション上がったよ。デイリーポータルの方に「ちょっと自虐ネタが多すぎ。ポジティブに行きましょう」って書かれちゃった・・・テヘ。確かに読み返すと自虐しまくってんなぁ。自分大好きなのに。

 

これからも通常通り記事書きますね。文章を書くのは楽しい!そういや2日前くらいにブログ運営が2ヶ月超えたんですけども、特に言うことはない。アクセス数も一日100程度っす。月に3000アクセス程度なんでまだまだこれから!アドセンスも先日審査通ったから報告とかは来月かな!

 

さて、僕ツイッターとかもやってるんすけども(フォローしてね!)、そこでフォロワーさんで「いいなぁ」と思った記事が目に入った。

www.diy-mp.com

 

なんとみっぷうさんは小学2年生の時に横浜から長崎に引っ越されたんだとか!俺も地元が長崎なんすけども、19の時に福岡来たからみっぷうさんの方が長崎歴が長い。しかし地元の記事を見るのはなんだか懐かしいなぁと感じた。いいよねハウステンボス・・・3歳の時に行ったきりだ。

 

今日はそんな長崎のオススメ"ディープ"スポットを紹介する!地元民ならではの情報満載で参考にならないかもしれない!ごめん!

 

ディープな場所

鍋冠山

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0b/c2/ddb851aedeef21b15170b3e5bdc6309e.jpg

画像出典:長崎の夜景 鍋冠山公園リニューアル - PHO-TO

まずは鍋冠山!おそらく地元民でも「どこだよ!」ってなることが請け合いだけども、これは長崎の出雲という場所にある山っす。アクセスも良く、車でも簡単に行くことができるんだけども、歩きでも普通に到着可能っす!でもまあ・・・車で行った方が無難かな・・・うん。

 

ここを勧める理由が、夜景がめちゃくちゃ綺麗なんすよ!長崎の夜景は日本の夜景3選に選ばれるほど綺麗で、一般的には稲佐山からの景色が綺麗だと言われてるんすけども、この鍋冠山の方が綺麗という声もあります。

 

夜景を観に長崎に来た方はこちらからの夜景もおすすめっすよ!

 

浜屋屋上のレトロゲーセン「プレイランド」

http://rakupa.jp/cms/wp-content/uploads/2017/06/010.jpg

画像出典:第1回 浜屋百貨店 屋上 プレイランド(長崎県長崎市) | Y氏のレトロゲーム探訪 | RAKUPA(楽パー)楽市楽座をもっと楽しむための情報サイト

次はゲームとか好きな人にはめっちゃおすすめ!長崎浜町アーケードに昔から営業している「浜屋」という商業施設があるんだけども、その屋上には未だに屋上遊園地がある。その屋上遊園地のゲームセンターはなんとレトロゲームが1プレイ10円とかでプレイできるのだー!九州ではローカルバラエティとかでも度々紹介されてる。「山のぼりゲーム」とかめちゃくちゃ難易度高い上に中毒性高いから注意。

 

ビデオゲームよりもエレメカ系のシンプルなのが多めなんでササっと遊べる上にお金もそこまでかかんないっすよ!レトロゲー好きな方は是非!ちなみに子供用の遊具に乗ったら警備のおじさんに注意されたことある。

 

変電所の坂

http://livedoor.blogimg.jp/fukucyan_jp-part2/imgs/0/8/084033ad.jpg

画像出典:長崎市散歩♪|長崎最強の激坂、変電所の坂を登ってみたっ!(長崎市飽の浦町) : 長崎@諫早市民 ふくちゃんの食う・寝る・遊ぶ日記

長崎といえばMasashi Sada・・・もそうなんだけど、長崎といえばやっぱり坂。街がすり鉢状になってるんで坂道の上に住宅が建ってるんすよ。そんな坂が豊富な長崎なんだけども、一番傾斜角度が高いのが「変電所の坂」っすね。

 

とにかく人が登れるような角度じゃない上に、車で行っても車が悲鳴あげるレベルできつい。「ほこ×たて」でも紹介されたらしいっすね!そんなマニアックな旅をしている方は是非車で寄ってみてね!

 

そろばんドック

http://www.robundo.com/salama-press-club/wordpress/02/wp-content/uploads/sites/2/2016/04/7a5dafc5dc17cdf809bf9867728211a6.jpg

画像出典:活版印刷礼讃<Viva la 活版 ばってん 長崎>03{崎陽長崎 活版さるく}訪問予定地の小菅修船所(通称:そろばんドック)のいま | サラマ・プレス倶楽部 活版印刷 à la carte

これは超ディープっす。というかあまり観光向けでは無いような気もするけども、歴史とかレトロな建築物系が好きな方にはおすすめ!正式名称は「小菅修船場跡」っすよ!

日本最古の蒸気機関を動力とする曳揚げ装置を整備した洋式スリップ・ドッグが小菅修船場です。
船をボイラー型蒸気機関の力で曳き揚げるために設置されたレール上の船を載せる台(船架、現存しない)がそろばん状に見えたため、通称「ソロバンドック」の名で親しまれています。

引用:小菅修船場跡(こすげしゅうせんばあと)|観光スポット|長崎観光/旅行ポータルサイト■ながさき旅ネット

ちなみに曳揚げ小屋は日本最古の煉瓦造りの建物なんだとか!アクセスはバスでOKっす。「戸町」経由のバスで「小菅」に降りれば目の前にあるっすよ! 

 

ディープなグルメ

お食事処やまさき

http://www5.cncm.ne.jp/~s-yamasaki/img/yamasaki-address02.png

http://www5.cncm.ne.jp/~s-yamasaki/img/yamasaki-top-image.png

画像出典:お食事処やまさき | 茂木のお食事処

さてここからは皆が知らないようなグルメ情報を紹介するっす!「お食事処やまさき」はビワの名産地茂木にあるご飯屋さん。だけども、メインでお寿司を出している珍しいお店。しかしそのお寿司がかなり本格的で、板前さんが目の前で握って出してくれる。

 

ランチメニューがリーズナブルで、握り寿司もしくはちらし寿司に茶碗蒸しとお吸い物とデザートがセットで付いて780円とかなりお得。市街地からバスで「茂木」行きに乗って終点で降りればすぐですので、ランチをお求めの方は是非。

 

きっちんせいじ

http://c5557.kiteki.jp/html/1105114180.jpg

画像出典:http://c5557.kiteki.jp/html/kitchen-seizi.htm

きっちんせいじは市街地にひっそりと営業している洋食屋さん。看板メニューは長崎名物のトルコライスっすね!この店の特徴は長崎のチンチン電車を改装した店内ということ!だから外観はもちろん電車になってるし、店内の座席はなんと本物の電車の座席を使用している。

 

https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/174222/c8dfdfd946e79dc034ac38763687d92f_fe8f1293eeb967a5d199449d88f7d2e0.jpg?width=840

画像出典:長崎 / きっちんせいじ | JAPANESE TIP(ジャパニーズチップ)

ちゃんとつり革もぶら下がってるよ!つり革には長崎の文化の歴史情報がひっつけられてるっす。シュールな画だ・・・。

 

市街地を少し歩けばすぐ着くんで、ランチをお求めの方はぜひ!トルコライスは900円だよ!

 

蜂の家

http://www.hachinoya.net/profile/imgsrc/restaurant/shop_sunplaza_20130929.jpg

画像出典:「蜂の家」のカレー・シュークリーム 長崎県佐世保市

蜂の家は佐世保のカレー屋さん!佐世保や長崎ではかなり有名なお店っす!中でもシュークリームが人気。カレーじゃ無いんかい。シュークリームの中に果物がゴロゴロ入ってて、チョコレートソースをかけていただきますよ。

 

場所は佐世保のアーケードの中。マジでめっちゃ奥にあるっす。まず駅からアーケードまでまあまあ歩く。そこからさらにアーケードの奥に進むという「・・・まだ?」感はすごい。前までアーケードの中程にあったんだけど、移転してやや奥に新装オープンしちゃったみたい・・・。

 

しかしこのお店めちゃくちゃ人気なんで、時間帯によっては確実に並ぶ。アイドルタイムに少しお茶する程度ならすぐ入れるっすけども、お昼にカレー食べるとなると結構待つことになって「もう目の前のモスバーガーでいっか」とかなるから注意が必要。佐世保に旅行してお時間がある方は是非立ち寄ってどうぞ!シュークリームは持ち帰りも可能っす!

 

ディープなのも割と楽しいよ

やっぱり旅行するときはまずは有名な観光地とか行くけども、そこがお気に入りになって何度も旅行するとマンネリになっちゃうこともあるかもしれない。そんなときはディープな穴場を探して観光してみるのも意外と楽しいもんだよ!

 

特にバスの「田上」行きに乗ると、坂道を上ったり下ったり、崖ぎりぎりを走ったりとちょっとしたアトラクションっぽさを楽しめるんで暇な方はどうぞ。運が良ければ飛行機とかでなる、耳が「ボッ」ってなる現象を味わうことができるよ。