山盛りゴシゴシネット!!

最近ニートになったよ

誰でもVtuberになれる時代に...!?「Vroid」と「Vカツ」が凄まじい

仮想通貨に仮想現実、近頃日本は仮想仮想で仮想ブームだって勝手に思ってる。あー仮想現実の中で生活したい。いつかSAOとか攻殻機動隊みたいな世界になるんじゃないかと本気で思っている。ネカマとか本当にバレなさそうな未来が来そう。

 

まあそんな感じで仮想現実の世界に羨望を抱いてるんだけども、Vtuberの動画とかを近頃よく拝見しているのよ。二次元キャラクターが画面の向こうで色々お喋りしてるのをみるの、なんだか近未来感がすごくてハマっちゃった。

 

キズナアイちゃんとか

www.youtube.com

 

輝夜月ちゃん(別名:首絞めハム太郎)とか

www.youtube.com

 

なんかテンポいいのと普通に可愛いのでついつい観てしまう。

 

 

一押しはケリンさん

www.youtube.com

ケリンさんは動画見てもらったらわかるけども、もはやVtuberなのか?というレベルに達している。まあおそらくVtuberです。コンギョ。マリオカートがめっちゃ上手く、キズナアイ杯でキズナアイ本人から「お前アイテム取ったな!殺す!って吐き捨てられてる。ケリンさんは報復としてミサイルをぶち飛ばした。

 

とまあ、バーチャルだからやりたい放題できるというのも利点!そんなVtuberなんだけども、なんと簡単にVtuberになれるツールがリリースされたらしいのだ。すごい...なんか...時代に取り残されないようにするのが精一杯だよ...

 

仮想現実に関してはこういう記事も書いてますよ!

www.yamamori-goshigoshi.net

 

 

 

 

 

Vtuberは初期費用が半端ない

http://vkatsu.jp/wp-content/uploads/2018/07/web0006.png

出典:http://vkatsu.jp/

なにやらVtuberは初期費用がめちゃくちゃかかるらしい。特にモデリング。しっかり3Dモデルを作るとなったら、全部で300〜400万円はかかるらしいよ・・・。セガサターン沢山買えるじゃん!

 

その費用の大半を無料にしようってんだからすごいよね。それまでによく見られたのが、フェイスリグを使った、二次絵を擬似3Dにした手法。先述のケリンさんがそれっすね!しかし今から説明する2つのツールは3Dキャラを実際に簡単に作ることができるというもの。すごい・・・。

 

だから、こっちが用意するものはヘッドマウントディスプレイだけということに・・・なるのかな?無知だからわかんねぇけど、そういうことでしょ。そういうことでしょ!!

 

Vroid

https://vroid.pixiv.net/images/1x/header.jpg

出典:VRoid

さて、Vtuberになって男でも女性の身体を手に入れたい!バーチャル美少女を受肉したいというおじさんの願いを簡単に叶えることができるツールの一つがVroidっす。

 

あらかじめ美少女の3Dモデルが表示されていて、そのモデルの顔の作りや輪郭を自由に設定することができる。また、目の色や肌の色、ハイライトの色も自分で設定することができるという...はぇー

 

特筆すべき点としては髪型の自由度の高さでしょう。髪型はなんとマウスでクリックしてグイっとドラッグするだけで決まった太さの髪を描写することができる。まあ百聞は一見に如かずということでこの動画見れば早いっす。

 

www.youtube.com

また髪の話してる。じゃなくて、どうよ?自分の性癖にぶっ刺さるようなキャラが作り放題じゃい!まあ、自由度が高いだけに、それなりに使い慣れないと難しいとこはあるかもしれない・・・けど、個人的には直感で操作できたから割と使いやすい方だと思う。

 

WindowsユーザーだけでなくMACユーザーでも使用することが可能。3Dなんでそれなりのスペックを要求されるけども、iMac民なら相当なクソスペじゃない限り普通に動くと思う。

 

Vカツ

f:id:ucchi-chan:20180808153324j:plain

出典:http://vkatsu.jp/

さて、おじさんに恋するおじさんの夢を叶えるもう一つのツールが「Vカツ」っす。これ本当に最初見て衝撃受けた。とりあえず紹介動画とか見ればいいと思う。俺の説明いらないんじゃないか...?

 

www.youtube.com

香月ってカーチャンの旧姓だからやめてほしい。

 

動画見てわかったと思うけども、あらかじめ用意されている髪型や服を自由にセッティングして自分好みのドチャシコキャラを作るというありがたみが強すぎるツールだ。っていうか「カツキ」ちゃんのデフォの服装エッチすぎませんか・・・運営さんの趣味どうなっとんねん。

 

www.youtube.com

中学校の時の友人のカツヤくん元気かな。ドンキーコングそっくりだった。

 

ちなみに今日男性アバターパックも配信されたみたいです。声に自信のあるおじさんはイケメンを演じることも可能!でもどうせなら美少女になりたいよね。わかる。逆に女性が男性アバターを使うこともできるわけだ・・・妙な性癖の奴が増えそうだ...。なんかそれエロ同人誌とか出たらホモ受けなのか何なのか意味わかんなくならない?

 

あと、めちゃくちゃイケメンなキャラを作って、下ネタ言いまくるということも許されそうだ。声優が下ネタ言ってたら面白いでしょ?そういうことだよ(??)なんか上の動画見て思ったけどあんまりキャラを演じすぎるのも面白くないんだよね。まあこれはプロモーションだからいいんだろうけど。

 

こっちはVroidよりもさらに手軽さを追求したような印象っすね!PCは今の所Windowsのみですが、今月中にアプリ版も出るみたい!スマホがあれば美少女を作ることができる時代。すごい...すごいよ...

 

作るだけならタダ

この二つのツールのいいところは、当然なんだけども作るだけなら無料ってとこだよね。完全ローカルだから自分好みの女の子ないしイケメンを作って、コレクションするもよし(バレて気持ち悪がられても当方は責任を一切負いかねます)。

 

んで、「Vtuberになってファンを沢山楽しませたい!」って思ったら美少女を受肉して配信するもよし!!本当に敷居が低くなったね。タレントになるのにもハードルがかなり低くなったもんです。人気が出る出ないは別としてね。

 

てな訳で、興味がある方はダウンロードして作ってみましょう!

おじさんにおじさんが恋をする時代だ!!